花粉症シーズン到来で逃れられないような気分

花粉症の季節になってきて、そろそろわたしの目もぐずぐずしはじめ、鼻水もずるずるし花粉の存在を感じつつあります。

わたしは毎シーズン花粉症なのですが、春や秋がいつも自分の花粉症のピークになっています。

ネットで、なんの植物がどこのシーズンでピークになるのか調べてみました。

花粉症の代表格としは「スギ」の木ですが、このスギは1年を通して、だいたい舞っています。

また、2月からやや花粉の量が増加しだして、2月後半から4月下旬が大ピークになるようです。

毎年、このスギ花粉に悩まされる方はいらっしゃると思いますが、この期間の長さがまた憎らしいですよね。

また、この時期はヒノキの花粉も飛んでいるようで、2月からやや増加し、3月にピークを迎えていくようになっています。

このスギやヒノキほどひどくないものの、田植えに向けたイネの花粉が緩やかに飛び始めるのも2月ことからで、イネのピークは5月になっています。

これらの中でも一番厄介なのがスギ花粉になっていて、風媒花とよばれ風で長い距離をこえて飛散するそうです。

わたしは、この上記のものすべてがアレルギーなので、調べてみて改めて花粉症から逃れられないような気分になってしまいました。

関東ではこれらが花粉のピーク時になっていますが、北海道や沖縄にはスギの木は繁殖していないため、スギ花粉はないそうです。

これらの花粉のせいで、この時期だけは沖縄に長期滞在しているような方もいらっしゃいますよね。

わたしも今から、アレルギー薬の内服を行って花粉に備えたいと思います。